師匠紹介 <深野新次郎先生>


新次郎先生の初シテ・小鍛冶の画像はこちら
深野新次郎(ふかの・しんじろう)
能楽師・観世流シテ方。1941年生まれ。京都府出身。
1961年、浦田保嗣師、浦田保利師に入門。
1971年、独立。深声会を主宰、能楽の普及に努める。
滋賀県立大学能楽部を指導。
これまでに「石橋」「乱」「道成寺」「翁」「砧」等を披く。
京都・関西を中心に全国で活動中。
重要無形文化財「能楽」(総合認定)保持者。


お稽古場案内

京都府
・西京深声会 (京都市西京区山田北山田町)
・城陽深声会 (城陽市 青谷コミセン)

大阪府
・堺深声会   (堺市 堺市総合福祉会館)

賀県
彦根深声会 (彦根市 彦根勤労福祉会館)

岐阜県
・大垣深声会 (大垣市竹島町)

事務所
〒607−8028 京都市山科区四ノ宮岩久保28−6
     TEL・FAX 075−502−3159
    深野新次郎

これからの演能予定

平成23年4月24日(日) 【京都観世会例会】  仕舞
 午前10時半開演 
 於 京都観世会館
 能楽「巴」「隅田川」「国栖」ほか

平成23年6月4日(土) 【浦田定期能】  仕舞「藤戸」
 午前11時開演 
 於 京都観世会館
 能楽「忠度」「胡蝶」ほか

平成23年12月4日(日) 【浦田定期能】  能楽「求塚」 シテ
 (故浦田保利師三回忌 追善別会)
 午前11時開演 
 於 京都観世会館
 能楽「安宅」ほか


・お問い合わせ先はこちら     
京都観世会館HP


 是非いらして下さい。